このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

NEWS

シャリオン通信 Vol.04春こそお口のケアが大切

こんにちは。
少しずつ暖かさを感じる様になってきましたね。

シャリオン通信では、美歯口ホワイトニングサービスを提供して頂く加盟店の皆さまに役立つ情報をお届けいたします。

今回は花粉症と口腔内の関連性についてお伝えいたします。

■春は虫歯が多くなる!?

春先に多くの人を悩ませる花粉症。

くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどが主な症状ですが、実は花粉症は口の中にもトラブルを引き起こしてしまうことがあるんです。

花粉症で鼻が詰まると鼻呼吸ができなくなりなす。
そのため、口呼吸をすることが多くなり、口の中の水分が蒸発し、口の中が乾燥してしまいます。
さらに、花粉症の薬が処方された場合、その薬には唾液の分泌を抑えてしまう作用をもつものが多くあり、口の中が乾燥してしまいます。

口の中の乾燥は唾液の浄化作用なども十分働かず、口内細菌が繁殖しやすい環境になります。そのことで、歯の周りに歯垢が付きやすくなります。

十分な歯みがきをしていない場合、さらに歯周病になりやすくなってしまいます。
歯垢は約2日で歯石になってしまうといわれ、歯石になると硬くなって、歯ブラシで落としにくくなってしまいます。

歯垢の中には無数の細菌が住んでおり、虫歯のリスクが、ぐんと上がってしまうこともあります。

■口呼吸はなぜ良くないのか?

先ほど口呼吸は虫歯や歯周病のリスクを高めるということを述べました。
実は口呼吸はそれ以外にも様々なリスクがあります。

例えば、口で呼吸をすることにより、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなることが挙げられます。
本来は鼻で息を吸うのが普通であり、体内に入る前に鼻毛や鼻の粘液などのフィルターによって取り除かれるウイルスやホコリなどが、口で呼吸をするとそのまま喉の粘膜に付着し、風邪、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。

また、成長期の段階で口呼吸をしていると、口呼吸に対応できるような歯並びや骨格になっていきます。
歯並びはのちに矯正治療で治すことが可能ですが、骨格が変形して成長してしまうと、骨格からの改善は非常に困難です。

■具体的な予防

■口の乾きを防ごう

口呼吸は、ただ「鼻から呼吸するのが口になった」というだけではなく、多くの悪影響をもたします。口腔内環境にとってもよくありません。
唾液分泌により口中の雑菌が流されるため、口中環境において唾液の分泌は非常に重要となります。
虫歯、歯周病、口臭など様々なトラブルは唾液分泌がカギを握ります。
唾液量を増やすために、こまめなうがいや歯磨きを心がけて下さいね。

■まとめ

・口の中は、唾液で潤っていないと細菌が繁殖しやすくなりむし歯と歯周病になりやすい。
・唾液は、食べ物の消化吸収を助けるだけでなく、歯や歯肉を細菌から守る働きもある。
・花粉症で口呼吸になってしまう場合は、唾液量を増やすために、こまめなうがいや歯磨きの心掛けが必要。


春こそ、ホワイトニングで歯をきれいにそしてお口のケアをしていきましょう。

■参考
https://www.funabashi-kidsdental.net/blog/229/
https://alphadental.jp/%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87%E3%81%A7%E3%81%AE%E8%99%AB%E6%AD%AF%E3%81%AB%E6%B3%A8%E6%84%8F%EF%BC%81/
https://www.familie-dc.com/category/column/column-421
https://healthrent.duskin.jp/column/oral/vol03/index.html