このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

NEWS

シャリオン通信 Vol.01 コロナと口腔内ケアについて

こんにちは。
シャリオンサポートでございます。
シャリオンでは【美歯口ホワイトニング】をご提供していただく加盟店の皆さまに役立つ情報を、今後毎月1回お届けしていきます。
今回のテーマは【コロナと口腔内ケアについて】です。
「新型コロナウイルスが怖くて歯医者に行けない」そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。
外出自粛の影響により間食の増加、不規則な生活習慣、口腔内の環境が劣悪になっているという調査結果が発表されています。
「口腔内の環境が悪化」と聞くと虫歯や歯周病を連想されがちですが、実はお口の中と感染症予防には密接な関係があります。
口腔内には沢山の細菌がいます。
からだを守る働きをするものもいますが、悪さをする細菌もいます。
このバランスが崩れると免疫力が低下し感染症にかかるリスクが高まるといわれています。
インフルエンザウイルスの場合、お口が不潔だと、口に入ってきたウイルスが感染しやすくなります。

奈良県歯科医師会の調査で、介護施設で歯科衛生士が高齢者に対しブラッシングや舌磨きの指導を実施したところ、通常の歯磨きをしていた施設に比べてインフルエンザ発症率が10分の 1に激減することが示された 、 という検証結果が 発表されております。

お口を清潔にし、健康に保つことはウイルス感染の水際対策に繋がります。
日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただくだけでも 感染拡大を防ぐ 事が出来ます 。
例えば、歯磨きのタイミングをずらしたり、歯磨きをする場所の換気をよくする など3密を避けることは予防効果があると思われます。
また、家庭内でも使用していない時の歯ブラシを接触させない歯磨き粉を共有しない事も対策の一つで家庭内感染の予防の為にこれまでの習慣を見直されている家庭も多いようです。
歯磨き習慣やオーラルケア製品もいま一度見直してみてはいかがでしょうか。
感染症予防のために大事なことは、身体を清潔にすること。

「こんな時だからこそ口腔内ケアが重要」です。

オーラルケア製品を通じて加盟店の皆さま、そしてご来店される多くのお客様が健康にお過ごしいただくお力添えになれば幸いです。

参考文献・イラスト:日本歯科医化学会

■日本医科歯科学会
https://www.jads.jp/

■日本口腔保健協会
https://jfohp.or.jp/info/2020/5888

■たまひよ Benesse
https://st.benesse.ne.jp/ikuji/content/?id=79540

■東京医科歯科大学
https://www.tmd.ac.jp/medhospital/topics/covid-19-mame/shika_yobou-hamigaki.html